彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…

彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…
誰にもバレずにエロ漫画が読める
Q・エロ漫画を購入した場合、家族に明細を見られてバレたりしない?
A・スマホの電話料金といっしょに支払う事ができるので、各電話会社からの利用明細書には「読んだ漫画名(タイトル)」は書かれません。家族や身内などにもバレる心配はありません。
(※DMM電子コミックはクレジットカード決済になります。)
Q・使い切れなかったポイントはどうなるの?
A・翌月に繰越されるので、余ったポイントは無駄にはなりません。
8.9666666666667

エロさ

9/10

    興奮度

    9/10

      ストーリー性

      9/10

        この漫画の詳細

        • 【題名】彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…
        • 【ジャンル】幼馴染・jk
        • 【著者】夕凪薫
        • 【必要ポイント】1話70pt、1巻200pt(月額300コース(税別)からお読みいただけます)
        FavoriteLoadingこの漫画を「マイページ」に登録する
        この漫画を無料試し読み

        「彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…」のあらすじ | ストーリー

        彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…

        それ以上引っ張ったら…全部入っちゃうって!!

        でも、彼女がいるのに!幼なじみと!Hしちゃっていいのか!?

        彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…

        学年一清楚で可愛い彼女・河合沙耶香を家に招いた森野拓也。

        彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…

        今日は念願の初Hができそうな良い雰囲気になり、いよいよ脱・童貞か…!!

        というその時、拓也の幼馴染・支倉鶫(はせくらつぐみ)が部屋に飛び込んできて、衝撃的な話を聞く。

        それは鶫のママと拓也の親父が再婚して、鶫たち家族と一緒に暮らすことになるとの事だった!

        無事に引っ越しを終え、6人家族になった森野家。

        仲良くやれるか悩む拓也だったが、そこに酔っぱらった鶫が沙耶香としたことを実践しろ!と頬を赤らめ迫ってきて…

        まじですか!!?

        「彼女がいるのに幼なじみに迫られる俺~彼女にシタこと、私にもしてよ…」のレビュー

        eromi
        絵のタッチが普通の漫画のようで読みやすく、エッチなシーンになるととてもドキドキさせられます。ストーリーも良くて幼馴染が嫉妬してエッチを求めてくるドラマチックな展開が良かったです。
        この漫画を無料試し読み

        実際にあったエロ体験談【貧乳の幼馴染】

        ※紹介している漫画とは関係ありません。

        お互いが恋愛対象じゃなく俺がいても平気でオナニーしていた貧乳の幼馴染は感じやすい体の持ち主だった!

        俺、陽 20歳 身長はやや高め。

        村田 20歳 貧乳 見た目は広瀬すずと上戸彩の中間のような見た目 身長が低い。

        大学に行く時、偶然幼馴染の村田と近い場所の大学に行くことになった。なので、二人で同居することになった。

        親も昔から村田を知ってて、家賃などの経済的にもいいからと認めてくれた。

        住んでいるのは典型的なアパート。

        幼馴染と僕は周りから見ても恋人みたいと言われていたが、特にお互い恋愛感情はなかった。

        だから風呂などで鉢合わせになっても気にしないし、下ネタも言う。さらに、お互いの恋人(元カレ、元カノ)とのセックスについても話してた。

        あと、お互いにオナニーも見てしまったこともあり、それから俺がテレビを見てる後ろで村田がオナニー(逆もあった)したりすることもあったがどちらも気にしなかった。

        ある日、村田がこんなこと言ってきた。

        村田「陽、最近どちらも別れて一人だよね。だったら性的な欲求を満たすために二人でセックスしない?」

        陽「は、何言ってんの」

        村田「だってこの前、陽くんソープ行ってたでしょ。だからお互いに欲求がたまってたかな~と思って。しかも最近オナニーの回数も多くなったでしょ。」

        陽「だからっていわゆるセフレになる必要あるんか」

        村田「ソープみたいなのと違ってタダやし毎日中だししてもいいし、あ、でも生理中はダメやで。」

        陽「まあ、貧乳は好みやし、俺のタイプの感じやすい女やろ」

        村田「なんで知ってるん。」

        陽「だってよくオナニーしてる時すぐ逝ってるやん。しかもさあ、この前酔っぱらった時言ってたやんか彼氏からすぐ逝くって言われるって」

        村田「ああ、そうやった」

        陽「じゃあ、服脱いで。」

        村田「え、もうするの?」

        陽「そりゃもちろん。」

        村田「じゃあ私を脱がせて」

        その時、気が付いた。彼女がノーブラだと。

        陽「ノーブラなんや」

        村田「ここ2週間ずっとやけどわからなかったん?こっちの方が乳首がすれて気持ちいから。」

        そういってTシャツを脱がせた。

        胸は小ぶりだが形が綺麗。触ると普通の人と比べて少し柔らかく、乳首は大きめの赤っぽいピンクだった。見てたら彼女が

        「あ、勃起してる。やっぱり大きい。前から見て気になってたんだ陽くんのちんこ。先週話してたでしょ、これまでの彼女はみんな陽くんのちんこは大きくて形もいいって言ってくるって。」

        先週、私は特にアルバイトがつらい時期だったので帰って酒を大量に飲んでた。そしてその後の記憶はなかった。

        陽「え、そんなこと言ってたっけ。だいぶ酔ってたから覚えてないわ。」

        ・・・・・沈黙が続いた。

        陽「じゃあ、下も脱がすよ」

        村田のまんこは見事に毛が生えていなかった。

        陽「これ剃ったの?」

        村田「いや、生まれつき毛が生えないの。病院にも行ったけど大丈夫って言われた。陽くんが言った通り感じやすいから普通の診察でも感じちゃって、結局逝っちゃったの。医師にも苦笑いされて診察後にあんなに感じやすい人初めてで、すみません逝かせてしまってって言われた。」

        それを聞くとどれほど感じやすいのかがわかった。話によると病院でクリなどは全く触られてないし手つきも普通だったらしいです。また、内科検診ではいつも乳首にちょっと触れるだけで声が出るからお医者さんがいつも戸惑うらしい。

        その話は本当のようで乳首に触れるだけで「いやん ん~ん~アッあんっ」って小刻みに喘いだ。

        クリを触ると今までで(3人しか経験したことがないが)1番 またAVよりもはるかにエロい声を出していた。

        1分も満たないうちに村田は逝ってしまった。

        そしてびしょ濡れになったまんこにちんこを入れた。

        「んはっはっいやぁんあんっあんっダメっダメぇ~」そして1分もたたないうちに3回逝った。

        村田「いやん あっ いっいっイクッ いっ いいっそこ そこぉ イクぅ~」

        まんこは締まりがよく、鮮やかなピンクだった。また、愛液がよく出て滑りもよく、グチョッグチョという音がいやらしかった。

        「あんっ陽ぅ~いいっそこっいっいっいやぁ~はっ」

        彼女が5回逝った後で中出しした。前からお互いのセックスなどについて話していたのでどっちも完璧にお互いの体について知っていました。

        これから2年間セフレとしてほぼ毎日セックスし(このことがばれたことでこの後できた恋人を俺は1人、村田は2人と別れた。)、そのあと正式に交際(この間も毎日セックス)

        そして1年半の交際を得て結婚しました。彼女はさらに感じるようになり、最短で10秒ほどでいかせたこともあります。

        エロ漫画のネタバレを検索している方のよくある質問

        Q・この漫画の本編全部を無料でダウンロードできるサイトはないの?
        A・当サイトでご紹介している漫画はすべて公式サイトのアダルト電子書籍です。本編のネタバレや本編の画像全部を掲載する事は著作権に関わることなので、本編全部を無料で掲載(ネタバレ)しているサイトはないと思われます。仮にあったとしてもダウンロードしたファイルにウイルスが仕込まれている場合もありますので注意が必要です。