「つまり不倫なんてする奴は」不倫なんて、反吐が出るほど嫌いだったのに。

つまり不倫なんてする奴は
誰にもバレずにエロ漫画が読める
Q・エロ漫画を購入した場合、家族に明細を見られてバレたりしない?
A・スマホの電話料金といっしょに支払う事ができるので、各電話会社からの利用明細書には「読んだ漫画名(タイトル)」は書かれません。家族や身内などにもバレる心配はありません。
(※DMM電子コミックはクレジットカード決済になります。)
Q・使い切れなかったポイントはどうなるの?
A・翌月に繰越されるので、余ったポイントは無駄にはなりません。
8.9

エロさ

9/10

    興奮度

    9/10

      ストーリー性

      9/10

        この漫画の詳細

        • 【題名】つまり不倫なんてする奴は
        • 【ジャンル】人妻・不倫・浮気
        • 【著者】ノレソレ
        FavoriteLoadingこの漫画を「マイページ」に登録する
        このコミックを無料試し読み

        「つまり不倫なんてする奴は」のあらすじ | ストーリー

        つまり不倫なんてする奴は

        不倫なんて、反吐が出るほど嫌いだったのに。

        隣に住む幼馴染の喘ぎ声が、壁を隔てて聞こえてくる……異常な興奮を自覚した俺は――

        探偵という職業柄、人のセックスなんて嫌というほど見てきた。

        何がそんなに盛り上がるのか、俺にはわからない。

        不倫するような奴は、人の気持ちも、リスクも考えられない……つまり、バカだろ? 

        不倫なんて、自分とは無縁の行為……そう、思っていたんだ。

        ある日隣に引っ越してきた幼馴染は、俺の初恋の相手だった。

        壁の向こうから響いてくる嬌声に、俺の心は激しく揺さぶられ――

        「つまり不倫なんてする奴は」のレビュー

        eromi
        不倫という禁断の恋を臨場感たっぷりに描いたストーリーです。離れた瞬間からまた強烈に会いたくなるという不倫の禁断症状を上手に表現していると思います。
        このコミックを無料試し読み

        実際にあったエロ体験談【不倫体験】

        ※紹介している漫画とは関係ありません。

        会社の上司と社内でドキドキしながら不倫体験

        つい最近まで会社の9つ上の上司と不倫してました。いつも人の目もあり、時間もお金もないので、ホテルにはなかなか行けませんが、会社のいろんなところでセックスをしまくっています。

        ある日は私が仕事の相談をするフリをして彼の横に立つと、彼は真面目な顔のままスカートに手を入れてきました。彼の席は部屋の隅で後ろから見られる心配がないので、彼は結構大胆にそしていやらしく触ってきます。

        ストッキングは彼の指示でいたずらがしやすいように、ガーターストキングか穴あきの特殊なストッキングにしています。彼はショーツの上から私のアソコをなぞるようになで、クリのあたりを特に念入りにいじってきます。

        私はそれだけで感じてしまい、声を出さないように必死にがまんするのですが、あそこは正直ですぐにショーツが湿ってきて、私はもっとして欲しくて足を開きます。

        するとよくわかっていてショーツの横から指を少し入れて、くちゅくちゅとかき回し、いきなり指を奥まで入れてきます。

        私は思わず目をつぶってしまい、

        「んん・・」

        と声を漏らしてしまいます。

        彼はわざと、

        「頼んでた資料は?」

        などと言いながら、さらに激しく指を出し入れします。

        私もあえて必死に、

        「あ、こちらに作成しました。」

        とケロッと答えますが、アソコはもうぐちょくちょで彼の指を締め付けて感じてしまいます。

        人目もあるしお預けって感じでとりあえずその場は終了。でも二人とも興奮しているので、3階の倉庫に行って続きを開始します。

        会社の上司と不倫私がドアを閉めると、彼は後ろから襲ってきて、首筋に舌を這わせながら制服の上からおっぱいをもみしだきます。

        「いやっ・・やだぁ・・」

        と抵抗しますが、彼はさらに激しく舌を動かし、強引におっぱいを揉みます。

        私がちょっとMっけがあるのをわかっていてわざとそうしてきます。そのうちに私のあえぎ声が高くなって感じているのを見計らって、彼はあっという間にブラをまくり上げ、胸を激しく揉み、乳首を吸い上げるように吸ってきます。

        彼に乳首をちゅぱちゅぱと吸われ、舌でレロレロと転がされ、私はもうとろけそうに感じてしまいます。

        彼は乳首を舌でいじったまま、ショーツを膝まで下げ、クリをいじり、アソコを指で混ぜくりこねます。

        「もうこんなに濡れてるよ・・すごいびちょびちょ」

        「やだ・・はずかしい・・」

        「ほら、自分で触ってみろよ」

        彼が私の手を取って下に導くと、自分のアソコは予想以上に濡れていやらしくテラテラしながら濡れて熱くなっているのがわかります。

        「ほらすごいいやらしくなっているな」

        「やぁっ・・自分じゃイヤ・・入れてよぉ・・」

        私がおねだりすと彼はしゃがみこみ、2本の指を奥までにねじ込み、そして二本の指それぞれに違う動きをさせかき回します。

        いきなり奥を刺激されかき回された私はたまらなくて声をあげてしまいます。

        「ダメだよ、こんな大きく声だしちゃ」

        「だって・・すごい感じちゃう・・あぁん・・」

        そういいながらも彼はさらに激しくかき回し、指を出し入れさせながら、左手でクリをむきそちらを刺激していきます。

        「あん・・やだぁ・・」

        「ここじゃイヤなの?どこがイイ?」

        私が奥が好きなのを知っているくせに、彼はじらして、動きもゆっくりにしてしまいます。

        「やは・・もっと・・奥まで入れてぇ!」

        私もう感じまくっていて我慢できないほどになっているので、もっとしてほしくて腰をふってお願いしながら自分から彼の指を求めて、深くお尻を沈めてゆきます。

        「ああぁん、いいよぉ・・んん・・すごぉい・・っ!」

        痛いくらいの快感にあえぎながら、右手で棚につかまり、左手で自分の乳首をいじり、さらに登りつめていくのを感じます。

        「ああ・・興奮するよ・・気持ちイイ?」

        自分で乳首を触るのを見た彼は興奮し、右手の指を入れたまま立ち上がり、後ろから私に覆い被さると左手で胸を激しくいじってきます。

        その後私が激しくいってしまい、まだ余韻の残るうちに私はすでに大きくなったモノを苦労しながらジッパーから飛び出させ、両手で優しくしごいてあげます。

        私はひざまずいて、竿を両手で撫でながら、我慢汁が出始めた先っちょをレロレロしてあげます。

        「くぅ・・」

        彼が我慢しているのがかわいくてさらに尿道口を攻めていたのをカプっとくわえて、深く口の中で舐めまわします。

        「ああ~~いいよ、もっとして」

        さらに血管が浮き出てビンビンのモノにたまらずしゃぶりつき、唇と舌でじゅるじゅるにしちゃいます。

        私は手でタマも触りながら、チンポを深く咥え込んで夢中でフェラします。

        「あー! もういっちゃう・・イクよ・・うぅ!」

        私もそのまま彼のチンポをお口いっぱいに感じながら彼の精液を口の中に沢山受け止めます。

        そしてむせ返るくらいどくどくと出てくる液を最後まで舐めて飲み干します。

        そして終わったらそそくさと衣服を直して、彼は階段で1階へ、私は通路から2階を通り、別々の行き方で席に戻ります。

        倉庫は鍵も掛からないし、いつ誰が入ってくるかわからないけど、スリルがあって興奮しちゃう。

        他にも会議室、応接室、更衣室、トイレ、残業中は誰もいなくなるので事務所ですることもあります。

        その日はフェラとかだけでしたが、いつも大抵は人がこないかびくびくしながらですが、セックスも激しくしてしまうことが多いです。

        こんな毎日が5年続きましたが、最近私に彼氏ができたので、関係はストップしてます。

        エロ漫画のネタバレを検索している方のよくある質問

        Q・この漫画の本編全部を無料でダウンロードできるサイトはないの?
        A・当サイトでご紹介している漫画はすべて公式サイトのアダルト電子書籍です。本編のネタバレや本編の画像全部を掲載する事は著作権に関わることなので、本編全部を無料で掲載(ネタバレ)しているサイトはないと思われます。仮にあったとしてもダウンロードしたファイルにウイルスが仕込まれている場合もありますので注意が必要です。