人妻とNTR下見旅行【町内会長と温泉旅館で一泊】

人妻とNTR下見旅行
誰にもバレずにエロ漫画が読める
Q・エロ漫画を購入した場合、家族に明細を見られてバレたりしない?
A・スマホの電話料金といっしょに支払う事ができるので、各電話会社からの利用明細書には「読んだ漫画名(タイトル)」は書かれません。家族や身内などにもバレる心配はありません。
(※DMM電子コミックはクレジットカード決済になります。)
Q・使い切れなかったポイントはどうなるの?
A・翌月に繰越されるので、余ったポイントは無駄にはなりません。
9.2666666666667

エロさ

10/10

    興奮度

    9/10

      ストーリー性

      9/10

        この漫画の詳細

        • 【題名】人妻とNTR下見旅行
        • 【ジャンル】人妻・寝取られ
        • 【サークル名】あらくれ
        FavoriteLoadingこの漫画を「マイページ」に登録する
        この漫画を無料試し読み

        「人妻とNTR下見旅行」のあらすじ | ストーリー

        人妻とNTR下見旅行

        人妻が町内会長の罠にはめられ温泉旅館に一泊することになり、一晩じっくりとぐっちょぐちょにハメられるお話です。

        人妻とNTR下見旅行のちょっとだけネタバレ画像

        人妻とNTR下見旅行 人妻とNTR下見旅行 人妻とNTR下見旅行 人妻とNTR下見旅行

        「人妻とNTR下見旅行」のレビュー

        eromi
        人妻寝取られジャンルが好きな方には間違いない漫画です。とてつもなくエロいです。あらくれ(同人サークル)さんの絵はとても綺麗で、町内会長の悪そうな顔達が引き立っていて、更にエロスを感じました。
        この漫画を無料試し読み

        実際にあったエロ体験談【臨時職員の人妻さんに温泉で・・・】

        ※紹介している漫画とは関係ありません。

        山間の温泉地に会社の慰安旅行に行った時のことです。

        アルコールが駄目な僕はコップ2杯のビールで早々にダウンして部屋に帰り横になって休んでたら、いつの間にか寝入ってしまい気が付いたら夜中でした。

        体が寝汗で気持ち悪かったので風呂に入りに行ったら掃除中で仲居さんに入れないが、聞いたら別館の露天風呂は掃除が終わっているので入ってもいいとのことで別館に行こうとしたら、臨時職員の人妻美恵さん(31歳)と出会い、何してるのか聞かれ風呂に入りに別館に行くとこですと言ったら、

        「私も寝付かれ無いから一緒に行こうかしら」

        と笑いながら言うので、

        「じゃあ先に行って待ってます」

        と冗談で返し露天風呂に行きました。

        入ってから5分経った頃に本当に美恵さんが手ぬぐいタオルで前を隠し入って来て僕の横に座ってきたのです。

        巨乳の谷間と湯舟の中の陰毛でフル勃起状態になり、恥ずかしくて股間を押さえて隠してたら美恵さんがピタッと横に引っ付き話し掛けてきました。

        「お酒弱いのね?」

        「はい、今まであまり飲んだことないので」

        「高校のときに隠れて友達と飲んだりしなかったのね」

        「勉強とゲームの3年間だったので彼女もいなかったです」

        「そっか彼女いなかったのね、じゃ私がサービスで背中流してあげるから上がってそこに座って」

        僕は勃起状態で恥ずかしくて断り動かなかったら、

        「先輩の言うことは聞くものよ」

        と怒られて渋々上がって言われた通り座りました。

        背中を流しながら美恵さんが不意に

        「私も寝付かれ無かったから起きてたんだけど何故だと思う?」

        と言ってきて、僕は

        「わかりません。」

        と答えたら急に後から抱き着いてきて、

        「私ね、お酒飲んでしばらくするとチンポが欲しくなってしまってね。それで体を冷ましてたのよ」

        と言いびっくりしてどうしていいかわからず固まっていたら、

        「それなのに君が夜中に歩いてるから我慢出来なくなっちゃった。責任取ってね」

        とキスをしてきました。

        そのまま前に回ってきてチンポを触ってきて、

        「あら、顔に似合わない大きさね」

        と直ぐにチンポを舐めてきて、クチュクチュズズといやらしい音を立てながらチンポを舐められていたら、

        童貞の僕には刺激が強く

        「駄目です!出ます」

        と情けなく声にだしたら、美恵さんが

        「あら、もうなの?しかたないわね。そうね、初めて女性にいかされるのは口よりもこっちがいいわよね」

        と言い、僕にそのまま横になりなさいと言って自分は立ち上がり僕に跨がってきました。

        そして僕のチンポを手に持ち自分のオマンコに何度か擦りつけてからオマンコに当てがって途中までゆっくりと腰を下ろしてきて、

        そこから一気に最後までパンと音を立てお尻が当たるまで腰を下ろして深く入った瞬間、

        僕は「あぁ」と声を出しておもいっきり中でイッテしまい、どうしようと思い美恵さんを見たら、

        気持ち良さそうに受け止めてくれてて出し終わった頃に

        「いっぱい出したね。まだ出来るでしょ?」

        とそのまま腰を動かし始めて二回戦目に突入しオマンコから出てくる精子と愛液がクチュクチュと音を立て、オマンコの暖かさとヒダの気持ち良さでまた直ぐにイッテしまいました。

        今度は正常位でと言われ、起き上がり入れようとしたら上手くいかずにいたら、美恵さんが手でオマンコを広げて

        「君の精子が出てるでしょ?そこに入れるのよ」

        と教えてくれ一気に突き入れました。

        3回目となると直ぐにはいかなくて少しは長く持ちましたが、やはり気持ち良すぎてまたイッテしまいました。

        まだ治まらないチンポとオマンコの気持ち良さにそのまま4回目に突入し無我夢中で腰を動かし突きまくっていたら、美恵さんから「アッ」と声が出るようになり、次第に声も大きくなり「アッッアン」と気持ち良さそうにオマンコを絞めたりして楽しんでいるようでした。

        僕もまた気持ち良くて段々と逝きたくなり、激しく腰を動かし突きまくっていたら

        「童貞なのにそんなに激しく突いて君のチンポが大きいから子宮の中まで入ろうとして私ももう逝きそう。君も逝って、一緒に逝って」

        と更にオマンコを絞め腰を動かして僕を逝かそうとし、それにつられるように僕も美恵さんを突き上げて一緒に逝き、4回目というのに大量の精子を子宮の中に出して激しい初体験は終わりました。

        次の日帰りに携帯の番号教えてもらい仕事帰りや休み時間にセックスさせてもらってます。

        エロ漫画のネタバレを検索している方のよくある質問

        Q・この漫画の本編全部を無料でダウンロードできるサイトはないの?
        A・当サイトでご紹介している漫画はすべて公式サイトのアダルト電子書籍です。本編のネタバレや本編の画像全部を掲載する事は著作権に関わることなので、本編全部を無料で掲載(ネタバレ)しているサイトはないと思われます。仮にあったとしてもダウンロードしたファイルにウイルスが仕込まれている場合もありますので注意が必要です。